メニューをスキップ

睡眠センター

上渓白病院のホームページ にようこそ!.


睡眠センターでは韓国では初めて英国から簡略化した睡眠検査方法を取り入れました。脳波検査を省略して、oximetryといびき監視、身体の動きの捕捉、脈波分析、ビデオなどで構成されている、手軽で経済的な検査方法です。検査結果をデジタル化して、ひと目で分析できる長所があります。
また、呼吸器内科、耳鼻咽喉科、歯科などとの協進体系を構築して、患者にあう治療を慎重に選んでいます。閉鎖性睡眠時無呼吸症候群を持つ人は日常生活にたいへんな支障を伴います。
まず、睡眠時間が健常者のように7~8時間といっても睡眠の質がきわめて低いので、目覚めてもスッキリしません。よって朝目覚めても午前ずっと頭が重くてぼんやりしているので、重要な会議や危険な作業中にうとうとしないように我慢しても眠気に勝てない場合が多いのです。
頭がスッキリしないので他人との対話やコミュニケーションをする瞬間も、余裕をもって人の話を聞いて理解したり、自分の意志を伝達するのがおっくうになります。よく腹を立てては神経質になって、円満な対人関係を築くことができない傾向があります。
このような現象はどうしようもない、不可抗力なものでは決してありません。
すみやかに閉鎖性睡眠時無呼吸の症状を止めることのできる治療が上渓白病院睡眠センターにはあります。

Medical Staff

  • Choi Soo-Jeon (Adult) bronchial asthma, respiratory tract