メニューをスキップ

病理科

上渓白病院のホームページ にようこそ!.


病理科は多岐にわたる検査分野で構成され、検査の結果は治療の決定に重要な影響を与えます。

  • 外科病理組織検査:外科的に切除されたり、内視鏡で摘出された検体の肉眼所見を観察して光学顕微鏡で病変の最終診断をしています。これと共に特殊化学染色、免疫組織化学染色、蛍光染色などを併行しています。
  • 細胞病理検査:婦人科子宮がん検査、非婦人科細胞検査、 細針吸引(穿刺吸引)細胞検査
  • 凍結切片検査:手術中に組織の一部を摘出すぐに凍結させ、組織を観察して診断する検査です。手術の範囲や手術中に治療方針を決めなければならない場合に行います。
  • 分子病理検査:乳細胞分析検査:DNA検査および免疫標識検査、Tb-PCR:結核の精密検査、
  • In situ hybridization:各種virus検査、咽頭乳頭腫ウイルス遺伝子型検査
  • 解剖検査:死亡した患者の死亡原因を糾明する分野で、死を誘発するさまざま種類の原因的因子を明らかにするための検査です。