メニューをスキップ

感染内科

上渓白病院のホームページ にようこそ!.


感染内科では1週間以上熱がある場合や、特に長期間にわたる原因の分からない熱病(不明熱)の原因を診断して適切に治療します。海外旅行中にかかる感染疾患と予防について相談を受け付け、海外旅行後の発熱や下痢疾患も診療します。また、感染内科では各種細菌、結核菌、真菌、寄生虫、その他微生物などによる感染疾患の診断と治療にも応じています。

関連疾患: 不明熱、首のリンパ節病症(反応性リンパ節炎、菊池(Kikuchi)病、結核性リンパ節炎)、 肺外結核、腸チフス、リンパ種など感染でない非感染性疾患。マラリア、デング熱、旅行者の下痢、食中毒、腸チフス、その他サルモネラ感染、ツツガムシ病、腎症候性出血熱(流行性出血熱)、レプトスピラ症、腎盂炎、細菌性膀胱炎、蜂窩織炎、慢性細菌性骨関節感染、手術部位感染、インフルエンザ、梅毒など。