メニューをスキップ

応急医療センター

上渓白病院のホームページ にようこそ!.


応急医療とは急性疾患や負傷による身体の異常を専門的に担当し、最大限速やかに正しい診断と治療を行って患者の生命を救うこと、そして患者の状態を最短で正常ないしそれに近い状態に回復させ、その後に続く治療や手術、リハビリの治療効果を高める専門分野です。
上渓白病院応急医療センターは1989年8月の開院と同時に診療を始めました。ソウル北東部地域における応急医療の中心として、応急医療センターに搬送されてくる年6万人以上の患者を無理なく受け入れ、学術研究にも絶えず努めています。応急医学科専門医6人、専攻医9人、修練医4人、看護師32人、応急救助士5人などで構成され、24時間常に質の高い診療を提供しています。また40余りの病床と各種最新診断および処置可能な機材を備えて、急病患者に完璧な受け入れ態勢を整えるために努力しています。診療各科との緊密な診療連係によって、総合的で立体的な診療体制が成り立っています。
毎年施行される地域応急医療センター審査では、人材・装備・施設あらゆる面において非常に優秀との評価を受け、心血管センターや脳血管センターおよび外傷チームとの密接な連係によって最高の診療を行っています。