メニューをスキップ

消化器病センター

上渓白病院のホームページ にようこそ!.


上渓白病院の消化器病センターでは、消化器系のあらゆる疾患の診断および治療のために、3次医療機関である大学病院が備えるべき専門医療スタッフ、施設および設備を完備しています。

  • 消化管(食道、胃、小腸、大腸)- 上部内視鏡(食道、胃、十二指腸)、カプセル内視鏡(小腸)、S状結腸鏡、大腸内視鏡を施行しており、消化管領域に発生するあらゆる疾患についての診断的検査が可能です。
  • 消化管運動機能検査- 食道内圧検査、24時間歩行性食道酸度検査、直腸内圧検査を施行しており、胃食道逆流疾患、機能性便秘などの機能性消化管疾患に対する診断的検査を施行しています。
  • 肝疾患- 急性・慢性肝炎、アルコール性および非アルコール性脂肪肝、脂肪肝炎、肝硬変および合併症、肝がんなどを診療しています。
  • 肝線維化検査- 組織検査をせずに肝線維化の程度を測定し、慢性肝炎患者の経過を見ながら肝硬変への進行を早期に診断し、治療しています。
  • 膵臓および胆道- 内視鏡的逆行性胆道膵管造影術(膵胆道内視鏡)を施行して膵臓・胆道疾患の診断と治療に利用しています。
  • 超音波内視鏡検査- 最新機種を保有しており、消化管粘膜下腫瘍、消化器がん、縦隔腫瘍、肺がんの病期決定はもちろん、超音波内視鏡下穿針吸引法による消化管粘膜下腫瘍および膵がん・胆道がんの組織検査が可能であり、過去に組織学的診断が難しかった疾患も診断することができます。
  • 内視鏡による治療- 消化管出血に対する各種止血術、異物除去術、胃・大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ切除術を施行するとともに、胃・大腸に発生する線種や早期がんに対して内視鏡的粘膜下層剥離術を施行することで開腹手術をせずに腫瘍を除去することができます。
  • 潰瘍やがんによる消化管または膵菅・胆管狭窄に対する治療としてバルーン拡張術もしくはステント留置術を施行するとともに、膵石・胆石や膵臓炎の後に発生する仮性嚢胞に対する内視鏡的除去およびドレナージも施行しています。
  • 肝硬変に伴う食道、胃静脈瘤出血に対する注入硬化術と結紮術を施行するとともに、肝がんの最新治療として肝動脈塞栓術をはじめアルコール注入法および高周波治療を施行しています。
  • 放射線診断科と連携し、高解像度超音波、64チャンネルの多次元コンピュータ断層撮影(CT)、磁気共鳴検査(MRI)、陽電子放出断層撮影術(PET)を通して迅速かつ精密な検査を行っています。