メニューをスキップ

糖尿病センター

上渓白病院のホームページ にようこそ!.


上渓白病院の内分泌内科は1989年に上渓白病院が開院して以来、糖尿病および内分泌疾患の専門的な治療を施行してきました。1999年に糖尿病教育者資格証制度が施行されてからは、内分泌分科専門医と糖尿病教育看護師、栄養士がチームを組み、毎週1回糖尿病の概要、合併症の管理、食事療法の原則と必要性、自己管理の方法などをテーマに集団教育ならびに個別教育を実施してきました。また、糖尿病教育認定病院に指定され、これは現在まで続いています。
2006年からは4人の糖尿病専門医、糖尿病教育の専門看護師、栄養士、運動処方士、社会福祉士をメンバーとして糖尿病教育チームを拡大運営してきました。2009年には糖尿病センター・内分泌クリニックを開所し、糖尿病患者の効率的な治療のために診療室、教育室、合併症検査室を備えた独立空間を設けました。また甲状腺疾患に関しては、ワンストッププログラムを通してスピーディな診断をサポートするのはもちろん、空間的な連帯感を超えて関連する科の専門医療スタッフと連携しながら患者さん個々人の個別的な健康増進のために努力しています。