メニューをスキップ

がんセンター

上渓白病院のホームページ にようこそ!.


がんセンターは腫瘍血液内科だけでなく、外科、胸部外科、産婦人科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、放射線腫瘍学科それぞれの分野で最高の専門医が互いに協力して患者に最も適する診療環境を提供しています。また、抗がん治療とがん患者の管理だけを担当する腫瘍専門の看護師が専門的にがん患者のお世話をしています。がんセンターではがんの早期発見と診断、治療、さらに予防および教育のために体系的な診療体系と人的資源を備えています。胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝臓がん、婦人科系がん、泌尿器がん、頭頸部腫瘍などの効果的な管理のために、7つの診療科に12人の教授陣、腫瘍専門看護師、外来抗がん治療室などで構成されています。
上渓白(サンゲ・ベク)病院がんセンターでは、各医療従事者の緊密な協力関係の中で患者中心の診療を行っています。最も速く診断、手術、入院せずに抗がん化学療法を受けることのできる外来薬品治療、および放射線治療などの適切な治療が可能な体制で運営されています。がんセンターのすべての医療従事者は医術より重要なのは患者に暖かく接する心であることを忘れず、患者のための最善の診療に努めています。

がんセンターの特徴

患者中心の統合治療、医療陣による協進体系の活性化、および臓器別がん診療チームの活性化で予防、診断、治療を統合

  • 臓器別がん診療チームの活性化
  • 医療陣の協進体系の活性化
  • 外来中心の診断および治療の活性化
  • 隣接空間で迅速な診断および治療
  • 腫瘍専門看護師の抗がん剤投与と抗がん剤による副作用管理および相談
  • 専門化された外来抗がん化学治療