メニューをスキップ

喘息・アレルギーセンター

上渓白病院のホームページ にようこそ!.


喘息・アレルギーセンターでは、完治が難しいとされてきた喘息やアレルギーという辛い慢性疾患から抜け出すために発足しました。喘息とアレルギーという病気が環境という因子の影響を多く受けることはよく知られています。充分に変化の可能性を内在している分野ですが、管理と予防こそ、治療に勝るとも劣らない重要な部分です。正確な診断で喘息を早期発見し、すみやかに治療を始め、症状の進行を抑えることは上渓白病院喘息・アレルギーセンターの義務と同時に、喘息で苦しんでいる方に最も必要なことでしょう。また国際的な交流を広げ、医療体制が着実に発展し変貌していくことで患者の期待を裏切らないことも、やはり私たちの義務であり事業の目標です。
喘息・アレルギーセンターは小児喘息アレルギー呼吸器専門医キム・チャングン所長を中心に、呼吸器内科、胸部外科、皮膚科専門の協進体制を構築しています。上渓白病院の7階に場所を構えている喘息・アレルギーセンターは18病床の病棟と外来、検査室、アレルギー用品店で構成されています。アレルギー用品店には携帯用の肺機能測定装置およびネブライザー、呼吸治療補助器などをはじめとする各種喘息関連の治療機器および約15種のアトピー治療剤、アレルギー予防の布団、毛布、枕カバーが用意されています。一般人、患者、保護者の方が気軽に来店して、症状にあう品を選び、その場で購入できるので便利です。