바로가기 메뉴
본문 바로가기
주메뉴 바로가기

서울백병원 일문 사이트 로고 사진입니다.

沿革

1941’

  • 白病院の出発は1941年、京城医学専門学校(ソウル大の前身)の外科主任教授であった白麟済博士が現在のソウル白病院の位置にあったウエムラ外科病院を買収したことから始まりました。白麟済博士はわが国の現代医学、特に外科学分野の新境地を開いた先駆者であり、その弟子達により仁済大白病院、翰林大聖心病院、カトリック大聖母病院、中央大筆洞病院などが設立されました。

1946’

  • 白麟済博士は1946年12月17日、自分が住んでいる家を除いた全財産を社会に還元し、わが国初の民立公益法人である白病院を設立しました。これは、アメリカで資本主義が発展するにつれ、「鋼鉄王」カーネギーがカーネギー財団を設立し、「石油王」ロックフェラーがロックフェラー財団を設立して、財産を社会に還元する模範を示したこととその軌を一にしていると言えます。

1954’

  • 白病院は、1954年初めに白病院に付設する血液院を開設しました。これは、国立血液院の開設に先立って開設されたわが国初の民間病院の血液院でした。外科専門医を訓練して血液銀行を開設し、自院で直接血液を確保する積極的な解決方法は、以後に生まれた多くの私立病院の血液院の見本となりました。

1964’

  • 先天性巨大結腸に対するスワンソン手術、骨盤内臓全摘術、大腿骨頸部骨折に対する骨髄腔内固定手術をわが国で初めて施行するとともに、腸重積症では1964年当時におけるわが国最多症例である328例を発表しました。

1972’

  • 1960年代から現代化された大型総合病院の参入が始まるにつれ、日本式の古い建物を改造して使っていたソウル白病院は経営上の困難に直面しましたが、千辛万苦の努力の末に1972年、今の現代的な総合病院を開院し、新たな躍進の基盤を整えました。 また、1974年にはインターンおよびレジデント修練病院として認定され、名実相伴う教育病院としてさらなる成長を遂げました。

1986’
~
1989’

  • ソウル白病院は1986年のアジア競技大会と1988年のソウルオリンピック大会で選手村指定病院に選定され、国内外に白病院のハイレベルな医療を誇示しました。

1992’

  • ソウル白病院は1992年3月18日、8時間30分に及ぶ末期肝硬変を伴う巨大肝がん患者の肝臓移植に成功しました。国内で初めて成功した切除不能肝がん患者に対する肝臓移植は国民病と言われるB型肝炎患者および肝がん患者の治療に新たな地平を開いたとの評価を受けました。

2012

  • 2012年はソウル白病院が創立80周年を迎える年であり、かつ仁済大学校が開校33周年を迎える意味深い年です。 学校法人仁済学園は1932年のソウル白病院を皮切りに、1979年に釜山に仁済医科大学と釜山白病院を開院し、1988年には仁済大学校が総合大学に昇格して大学発展の土台を固めました。以後、1989年に上渓白病院、1999年に一山白病院、2010年3月にはわが国最高の休養都市·釜山の海雲台に1000床規模の超現代的·最先端の海雲台白病院を開院しました。

2018’

  • ソウル白病院は診療空間の再配置とリモデリング工事、看護看病サービス病棟のオープン、救急センターの拡大運営などにより、「便利に利用できる大学病院」を長所とし、地域住民に信頼される病院、手術がうまい病院、わが家のようにくつろぎのある病院として認定されています。